ダブルっち博物館

小6~高3まで両親の近距離別居型生活に巻き込まれたダブルっち君(4月29日で二十歳♡)も、晴れておかげさまで、広島での下宿生活を満喫中です!f^_^;)笑

到達点|人権週間(最終日)の記念企画


“世界人権宣言70周年記念オリジナルパネル展”






差別撤廃と人権確立にむけた世界の流れ


(2)対象の拡大






(3)地理的領域の拡大







今日の到達点







まとめ


・差別とは、人権がある人だけに保障されて他の人々に保障されないことで、なぜそうなのかを合理的に説明できない場合だけをいいます


(人間であるというその一点に関してだけ、認められているのが人権です)


・今日では、地球上どこであっても人権は保障「されている」とはなっていませんが、「されなければならない」ところとはなってきました


・今日では、世界人権宣言(1948)、国際人権規約(1966)の採択(日本では日本国憲法の公布、施行)にみられるように、差別撤廃と人権確立は、「国際的関心事項」となってきています









~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~





『チキンバターのエチュード(仮題)』




(五)



階団の下で 
ウッドペッカーの傘立てが 
ゥエエエーエー ゥエエエーエー ゥエエエエエエエエエエエエエと大きな声で鳴くと





夜空にほぼ満月の月が上がり
ミクたんの紫色のズボンが 
オレンジ色のスカートに履き変わりました




オレンジ色の
ミクたんのママの車が 
月明かりの中 お迎えにやって来て




ミクたんが
バイバイも言わずに
素早く助手席に潜り込み




ミクたんが行ってしまうと
ピアノの白鍵と黒鍵は手をつないで 

階段をかけおり道路へ逃げて





マリヤさんが 
掛け降りてきて
鍵盤たちを追い





ヒラナリ君も
一瞬、目が光ると
鍵盤たちとマリヤさんを追いかけ






マリヤさんは ピアノの白鍵の手を引いてぶじ連れかえり
ヒラナリ君は ピアノの黒鍵の手を引いてぶじ連れかえり
スリスリスリと白鍵と黒鍵を階段の上まで引き戻していって





階段の上の扉の向こうでは
中のエレクトーンや木琴も
鍵盤を浮かせて踊っており





マリヤさんが扉を開けると 
エレクトーンと木琴の鍵盤は 
元の位置に戻って残念そう…





ヒラナリ君は 
待てども待てども 
降りてこなくて




ヒラナリ君は 
待てども待てども 
降りてきません







窓の向こうでは
アーケードのイルミネーションが
キラキラキラと輝き





窓の下では
カレーの具材と

小さなケーキと

大きなオモチャを



手に下げた
アキカズさんが

抱っこ紐に



ねむねむの

ヒラナリ君を入れて
信号待ちをしていました






マリヤさんは


ピアノに鍵をかけて


電気を消して戸締りをしました






<完>








人権週間企画は今日で一旦終わりとさせて頂きますm(_ _)m

5回に及ぶ記事に沢山のいいねをどうも有難うございました。

ムラゴンへの復帰を伝える労が省け機会ともなりよかったです!!





~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~☆・*。.:*・゚☆~



もっかい ウッドペッカーの鳴き声♪




ウッドペッカー 笑い声







ご覧いただきどうもありがとうございました