ダブルっち。

小6~高3まで、親の近距離別居型生活に巻き込まれたダブルっち君(4月29日で二十歳♡)も、晴れておかげさまで、広島での下宿生活を満喫中です!f^_^;)笑

意志とは抵抗のこと。









(・∀´・pオッレq) 「彼(※チャーチル)は、戦争中ほとんど眠らなかったそうだが


しかし、彼は十分でも時間があれば、わしは眠るといって眠ることができたそうだ。


自分の意志で、眠ることができる人間はそう沢山はいない。


そういう人間と、われわれと比較されてもね」





(*δ_δpハッハq) 「あなたは、彼らがほんとうに眠りたい時に意志的に眠ったと、
これまで信じとられたのですか。


言葉をかえすようですが、どうも誤解があるようです。


つまり、眠るのはねむけが主役であり、意志の力で眠ることがたとえ可能であったとしても、それはほんの脇役として役立っているだけです。


ねむけが強ければ、眠る意志がなくとも、いや、ねむるまいと意志しても、眠ってしまう。しかし、ねむけのまったくない場合にはどんなに眠ろうと意志したって眠れません。


英雄たちは眠らずに頑張っていたんです。


それで昼間、慢性的にいつでもかなり眠い状態にあったのですね。


だから、頑張る気持ちをちょっと緩めれば、どんなに酷い状況にあっても、五分や十分、すぐ、うとうとと眠り込んだんです。


それを、意志を美徳と考える伝記作者たちは、五分でも十分でも、どこでも眠れたから、夜ほとんど眠らずにすんだと受け取ったのです。原因と結果を逆に見たんですね。



英雄たちが意志の強い人間であったことは確かでしょう。


しかし、意志の力でいつでも眠れたと考えるのはまちがいですね。


意志は眠さに抗し、眠る衝動に抵抗するために使われたんです。


その結果、いつでもねむけにさらされていたわけで


抵抗するのをやめれば即座に眠れたんです」






゚:*:°・☆Good Night☆・*。.:*・゚










(追記)

第二候補は、ちょっと古いけどこちらのDVDであります😁イシシ